Pythonの学習 5章「条件分岐と繰り返し」

Pythonスタートブック 第5章「条件分岐と繰り返し」をまとめます。

繰り返し① for文

for文

・リストを使って練習

listA=[1111.0,4802.0,5531.0,7893.0]  
listB=[1.1,5.2,88,0,9,9]   

・forを使用して一括表示

for val in listA:       
    print(val)

平均の計算①

平均を入れるための変数avgを定義

avg=0.0  

・平均を計算

for val in listA:  
    avg+=val  
avg /=len(listA)  

・平均の表示

print(avg)  

平均の計算② (辞書型)

・小技。一行が長くて見にくいとき、'\'を挟むことで改行しても1行と認証してくれる。

fruits_jisho={'apple':1.0,'mikan':0.5,'suika':10.0,\  
'banana':0.7,'goma':0.1}  

・平均を入れるための変数avgを定義

avg=0.0 

・平均を計算

for val in fruits_jisho:  
    avg +=fruits_jisho[val]  
avg /=len(fruits_jisho)  

・平均の表示

print(avg)  

f:id:t-hiro712:20181011195112p:plain

繰り返し② while文

ランダムを使用した練習

import random  

・関数randintは二つの引数の範囲で一つの乱数を出力する

random.randint(0,9)

・ここで、4が出るまでrandom.randint(0,9)を繰り返す関数をつくる

rundX=0  
while rundX !=4:  
    rundX  =random.randint(0,9)  
    print(rundX)  

同様のプログラムをif文も使って書いみる

rundX=0  

・Tureになるまで続ける

while Ture:  
    #rundXへ、乱数を入れて、表示    
    rundX  =random.randint(0,9)     
    print(rund)  
   #4でないなら、続ける  
    if rundX !=4:  
            continue  
   #それ以外(4なら)ブレイク  
    else:  
            break  

f:id:t-hiro712:20181012155217p:plain

if文

基本

・真偽
a=1>0
b=1<0
print(a,b)

・日付を使って練習
import datetime

・todayへ、今日の日付を入れて、表示する
today=datetime.datetime.now()
print(today)

今日が平日ならば、「がんばれ!」と表示するプログラム

・平日かどうかは、今日が何曜日かを出力するコードで判断する。0-4平日。5,6土日。
Youbi=today.weekday()

・もし平日なら
if today.weekday()<5:
・「がんばれ!」と表示する
print('がんばれ!')
else:
print('休みだ!')

・平日の中でも金曜日なら、「あと少しで休み!」を追加 if today.weekday()<5:
#「がんばれ!」と表示する print('がんばれ!') elif today.weekday()==4: print('あと少しで休み!') else: print('休みだ!') f:id:t-hiro712:20181012155652p:plain